風力発電 風車の種類について。

風力発電 の風車の形には、様々な種類があります。風力発電機は、設置場所の風況や、用途、必要な発電量、安全性、外観などを考慮して、選択する必要があります。

*風況とは、風の状況、状態のこと

風車は回転軸の方向で、「水平軸型」と「垂直軸型」に大別できます。そして水平軸型と垂直軸型には、さらにいろんな種類があります。

(1)水平軸型
プロペラ型、多翼型、セイルウィング型、オランダ型

私達がよく見かけるプロペラ型は、水平軸型の一種です。水平軸型は、発電効率を上げるために、ブレードを風の方向へ向ける必要があります。

プロペラ型は、エネルギーの変換効率が一番高いと言われています。ブレードの枚数で、1枚翼、2枚翼、3枚翼などがあります。

またプロペラ型は、大型化しやすいため、大規模な風力発電システムは、ほとんどがプロペラ型です。

(2)垂直軸型
ダリウス型、ジャイロミル型、直線翼型、
サボニウス型、パドル型、クロスフロー型、S型ローター型

垂直軸型は円筒に近い形なので、どの方向からでも風を受けることができます。そのため風の方向に関係なく発電できることがメリットです。

また垂直軸型は、弱風でも発電できることや、デザイン的にも面白い形をしているので、街中に設置するのに適しています。

それぞれの風車で、風力を回転エネルギーに変換できる能力が違います。同じ風が吹いていても、取り出せるエネルギー(パワー係数)に違いが出るのです。

サボニウス型やクロスフロー型は、弱風でも発電できますが、変換効率はあまり高くありません。
*パワー係数のピークが弱い風速にある

それに対しプロペラ型は、強風が必要ですが、変換効率は一番高くなります。
*パワー係数のピークが強い風速にある

したがって、設置場所の風況に適した風車を選ぶ必要があります。プロペラ型でも風が弱ければ、水平軸型より発電できないことがありえるからです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






風力発電 初心者入門 TOPへ