風力発電の長所について。

風力発電 は、自然エネルギーの一つである、風力を利用したクリーンな発電です。

化石燃料を使わなくても発電できるため、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を排出することがありません。

製造時と建設時に相当する分のエネルギーを発電した後なら、それ以降は、地球環境に優しい発電を続けることができます。

化石燃料を輸入に頼っている日本では、エネルギーの自給率を上げるためには、自然エネルギーの利用が欠かせません。その中でも風力発電は、有力な候補の一つです。

また風力発電は、世界中どこでも、風が吹く場所なら、昼夜を問わず発電できる長所があります。

特に小型風力発電機は、いろんな場所で使われるので、強風に強いものや、弱風でも発電できるもの、塩害に強く海でも使えるもの、風きり音が小さいものなどが、既に商品化されています。

風力発電は、他の自然エネルギーを利用した発電(太陽光、地熱、水力など)に比べると、発電コストが安いといわれています。そのため採算ベースに乗せやすいので、全国各地で事業化が進んでいます。

小型風力発電機は、一般家庭にも取り付けることができます。発電する場所と消費する場所が近いため、火力発電のような送電ロスもありません。設備投資の削減にもなります。

電力会社の送電線網が発達していない、離島、山奥、海上、草原などでも発電が可能です。

小型風力発電機は、いろんな場所に分散して設置されているので、地震や火災などの災害が起こった時には、非常用の電源として活用できます。

分散していること自体がメリットになっていて、一度に全ての風力発電機が壊れてしまうようなリスクを回避できるわけです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






風力発電 初心者入門 TOPへ