風力発電の大きさは、手のひらサイズから100m以上まで様々です。

風力発電には大小、様々なタイプがあります。

まさにピンキリ状態です!

沿岸部や山間部に建設されている風力発電所で使われる風車や、

洋上風力発電所で使われる大規模なものは、

100m以上に達するものがあります。

会社の敷地内や個人の住宅にも設置でき、

自家発電や蓄電に使用する小規模タイプは、

ブレード(羽)部分だけで、数十センチ~数メートルといったところでしょうか。

設置する台を含めると、数メートルにはなりますが。

小型の風力発電機といえど、

やはり「気軽に発電」というわけにはいきません。

風力発電に興味がある人は、

「もっと身近で風力発電を体験したい、感じたい」と思ったこともあるはず。

実は手軽に風力発電できるグッズは、既に何種類も販売されています。

中には、手のひらサイズというと大げさですがw、

片手で軽く持てる程度の風力発電機もあります。

ポータブルというか、まさに携帯風力発電機です。

小さくても、もちろんちゃんと発電でき、

携帯電話やスマートフォン、タブレットPCなどの充電や、

LEDライトを点灯させることができるようです。

ps:
私の仕事部屋からは、海岸沿いの風力発電所が見えるため、

地域の大体の風向きや風速が確認でき、

風力発電を、いつも身近に感じられます。

風力発電のブレードの向きが大きく変わると、

季節の変わり目を感じることもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






風力発電 初心者入門 TOPへ